あなたの人生を120%楽しくする情報満載のブログです!

最新お役立ち情報ブログ

体験 問題解決系 食品 関連

これでピッタリな一台が見つかる!コーヒーメーカーの正しい選び方とは?

投稿日:

さて、前回の記事では、

豆を挽く器具であるコーヒーミルについてご紹介しました。

人気の挽き立てコーヒーの必需品 コーヒーミルのおすすめ商品をご紹介
 
 
豆を挽いたら、今度は何をする番ですか?

・・・そう、コーヒーを淹れる番です。
 
 
 
というわけで今回は、

あなたにピッタリな一台が見つかる!

コーヒーメーカーの正しい選び方についてご紹介します。
 
 

 


スポンサード リンク









 
 
 

美味しいコーヒーを淹れるには?

20150327-015608.jpg

美味しいコーヒーを淹れるには、

3つのポイントで決まります。

①コーヒー豆
② 焙煎
③コーヒーの淹れ方

です。
 
 
自宅でコーヒーを淹れる時に特に重要なのは①と③です。
 
 
①豆に関しては、コーヒーメーカーを使う場合の豆は、

中挽き〜中粗挽き位のものを使う方がいいでしょう。
 
 
極細挽きではコーヒーメーカーに支障をきたすこともあり、

逆に粗挽きではしっかりと抽出出来ない場合もありますので

注意しましょう。
 
 
 
③の淹れ方に関しては、初心者の方でしたら

ハンドドリップで淹れるより

コーヒーメーカーを利用した方が

失敗も少なく、安定した味が楽しめるでしょう。
 
 
また水は、ミネラルウォーターを使う場合

硬水では抽出しにくいので、軟水を使う様にしましょう。

浄水器からの水道水でも勿論OKです。
 
 
 

コーヒーメーカーの抽出方法の違い

同じように見えるコーヒーメーカーも

実はかなり違いがあります。
 
 
 
特に味の違いを生む部分は以下の2点。

・ドリッパー形状
・抽出温度

です。
 
 
順に見ていきましょう。
 
 
 

ドリッパー形状

20150327-015659.jpg

コーヒー豆を入れて、お湯を注ぐ部分を「ドリッパー」

と言います。

逆三角形になってる部分ですね。
 
 
ここでコーヒー豆とお湯が出会いそして

抽出されるわけですが、

形状の違いによりお湯の通る時間や速さが変わるので、

味が変わるわけです。
 
 
 
ドリッパーの形状は大きく分けて3種類に分類されます。
 
 
 
[titled_box color="white" title="1.メリタ式"]
小さな穴が一つだけ開いるもので
抽出時間がゆっくりとなり
深い味わいが楽しめるコーヒーが抽出されます。

また、味が安定するのも特徴です。
[/titled_box]
 
[titled_box color="white" title="2.ハリオ式"]
ドリッパーの底に大きな穴が一つだけ開いているタイプ。

大きな穴からフィルターが飛び出るので
スムーズにお湯が流れます。

お湯の入れるスピードによって味が変化します。
早く入れればスッキリとした味わいの
ゆっくり入れればしっかりとした味わいのコーヒーが抽出されます。

[/titled_box]
 
[titled_box color="white" title="3.カリタ式"]
底に3つの穴が開いているものがカリタ式。

メリタ式に比べてお湯の抜け早いため
スッキリとした味わいとなります。

こちらも安定した味を抽出可能です。
[/titled_box]
 
ご自身が求める味わいのコーヒーがあるのであれば

その味わいが抽出できるドリッパーのコーヒーメーカー

を選びましょう。
 
 
 

抽出温度

20150327-015735.jpg

抽出する時の湯温によってもコーヒーの味が変わります。
 
 
80度以下の比較的低温で抽出されると

酸味が強くなり、エグ味の少ない味となります。

スッキリした味わいが好きな方はコチラで。

また抽出時間は遅く、長くなります。
 
 
80度以上の高温で抽出されると

豆の成分が良く溶け出すため、

苦味が強く、エグ味も強い味となります。

濃い味わいが好きな方はコチラで。

抽出時間は早くなります。
 
 
 

コーヒーメーカー選びのポイントは?

20150327-015826.jpg

上記のコーヒーメーカーの違い以外に

選ぶ時のポイントは何があるんでしょうか?
 
 
 

サイズ

売り場では分かりにくいですが

家に帰って設置すると意外と大きいという事があります。
 
 
設置スペースを確認してから購入するようにしましょう。

また、上蓋を開けてみてのサイズも確認しましょう。
 
 
 

淹れられる杯数

一度に淹れられる杯数も4杯〜10杯までと

モデルによって変わります。

また杯数が多くなれば抽出時間が延びて味にも影響します。
 
 
ご自身の使われる環境により最適のものを選びましょう。
 
 
 

使い易さ

コーヒー好きならコーヒーメーカーは毎日使うモノ。

それ故、使いにくいモデルはストレスとなります。
 
 
注水、ドリッパーのセット、掃除のし易さなども

購入する際のチェックポイントです。
 
 
 

価格

初心者の方が使うには、数万円する高価なものより

先ずはリーズナブルなものを選ぶようにしましょう。
 
 
高価なモデルだからと言って美味しいコーヒーが淹れられる

と言うわけではないので、安心してください。
 
 
 

まとめ

今回は、コーヒーメーカー選びのポイントについて

ご紹介しました。
 
 
様々な仕様があり、非常に奥が深いコーヒー。

今回の記事を参考にして、

じっくりと時間を掛けて自分にピッタリな一台を

見つけてみてはいかがでしょうか?
 
 
 


スポンサード リンク








 
 
 

-体験, 問題解決系, 食品 関連
-, ,

Copyright© 最新お役立ち情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.